【#22 リスニング解説】パーティー(後半)

【リスニングテスト#22】パーティー(後半)

➯ リスニングテスト#22はこちら

解説(音声解説は下)

➡ They got wasted and started shouting nonsense at the top of their lungs.
(彼らは酔っ払い、意味不明なことを大声で叫び始めました。)

get wasted

✔ スラングで、「酔っぱらった」ことを表します。

➯ They got drunk.

と言っても大丈夫です。

at the top of their lungs

✔ 声の限りに、ありったけの大声で

➯ I couldn’t sleep at all last night because my baby sister was crying at the top of her lungs.
(昨日の夜は全然寝られなかったよ、妹がありったけの声で泣いていたから。)

➡ The neighbors got pissed off and called the police.
(ご近所さんたちが腹を立てて、警察を呼びました。)

get pissed off

✔ to become very angry 腹を立てる

今回は受け身の形で使っています。The neighbors got pissed off とは The neighbors were pissed off と同じ構造です。be動詞の代わりにgetを使うとどういう効果があるでしょうか? getは状態の変化を表すことができるので、怒っていない状態から→怒った状態 へ変わったことがより明確にでます。

✔ 日本語で「お兄ちゃんったら、ほんとムカつく」なんて言い方しますよね。そういう時に

➯ My brother pisses me off!

と言います。スラングですね。親しい間柄で主に使って下さい☆彡

call

✔ ~に電話をする

日本語で「~に」という言葉が入るからでしょうか、call to the police のように toを入れて話していませんか? toは不要ですので、ご注意ください。

➡ Tom and his friends are in big trouble.
(トムと友人たちは困ったことになりました。)

in trouble

✔ 日本語でいうところの「やばいことになった」という意味です。

トラブル、という片仮名を日本語でも使うため、「トラブルになった」と解釈しそうですが、(ある種のトラブルには違いありませんが)「やばい・やばい状況になった」(One is in a problematic situation.) という風に理解されることをおすすめします。

➯ I am so in trouble.
(めちゃくちゃやばいことになった。)

➯ She is in trouble financially.
(彼女は金銭的に実に困った状況にある。)

✔ また、この表現は文脈や「やばい」状況の内容にもよりますが、罰を受ける対象になった状況も表します。今回のリスニングでは、近所の方が警察に連絡をしたので、They are in trouble with the police. なので、違法行為などで罰を受けることになるかもしれません。

➯ Jenny is in trouble with her parents for sneaking out last night.
(ジェニーは昨夜、家を抜け出したので、両親とやばいことになっている。※両親から、外出禁止などの罰が与えられるかもしれませんね。)


listening test #22 party 後半



リスニングテスト #22 解説

読み上げた文章はこちら⇩

They got wasted and started shouting nonsense at the top of their lungs. The neighbors got pissed off and called the police. Tom and his friends are in big trouble.

【リスニングテスト #22】パーティー(後半)

【リスニングテスト #22】パーティー(後半)

今回のお話はリスニングテスト#21の続きです。21番を先にお聴きください。

英語リスニングテスト #22

【#21 リスニング解説】パーティー(前半)

‼注意‼ 音量にご注意下さい☆彡 今回 apartment という単語が頻発します。その際、/p/の部分で音量が高いと耳障りに感じられると思います。破裂音は、(日本語のそれに比べて)音のリリース(解放)感が強いことをご理解いただくため、手を加えず、録音したままでアップしております。音量にご注意下さい。

【リスニングテスト#21】パーティー(前半)

➯ リスニングテスト#21はこちら

解説(音声解説は下)

➡ Tom Brown, a college student, threw a party last Friday night.
(大学生のトムブラウンは先週の金曜日の夜パーティーを開きました。)

throw a party

✔ パーティーを開催する時は throw という動詞を使うと明確に伝わります。

✔ 参加者として行くのであれば、I went to a party last night. のように go (時制は適宜変えて)でOKです。

発音のコツ

a college studentとは、Tom Brownを追加説明しています。このように、あえて説明を加える場合、声のピッチを少し下げると良いです。日本語のように、「大学生『の』」のように助詞を使わない代わりに、(間の取り方やリズムや音の高低を含む)音、によりそれを表すことが英語の特徴です。

➡ Twenty people showed up at 5 pm, and by 10 pm, there were around 50 people in his tiny apartment room.
(午後5時に20人が来て、午後10時までには、彼の小さなアパートの部屋に約50人がいました。)

show up

✔ arrive と置き換えても良いですね。show upの方が、カジュアルなサウンドに聞こえます。

by 10 pm

10時までに。at 10 pm のように at という前置詞は、ピンポイント感をあたえます。by 10 pmとは『10時まで”に”』という意味。決して、『10時まで”ずっと”』ではありません。「までずっと」は until という単語を使います。

around

about と理解してOK! around 50 people = about 50 people

apartment room

✔ in his apartment だけでも文脈から、彼の「部屋」を指すことは明らかですが、しばしばネイティブたちが apartment room という単語を使っているのを聞きます。アパートの建物の中の部屋、というのが明確に伝わります。一方、アパートの建物全体を指す時、apartment building という単語を使います。よって、道案内をするときなど、「あの道歩いていたら右手にアパートあるから、そこを左に・・・」なんて説明をしたいとき

➯ You will see an apartment building on your right.

のような表現を使うと分かりやすいです。

apartmentの発音

/əpɑ́rtmənt/

カタカナ感を減らすコツは:

ポイント① 最初の「あ」を曖昧母音で発音する。

ポイント② 「めんと」の部分も曖昧母音で。

ボーナスポイント☆彡 (例)an apartment の並びのように、apartmentの前が子音の場合、音の連結をします。よって、リンクした後の音が /nəpɑ́rtmənt/ のようになるので、最初の「あ」の音はほとんど聞こえなくなります。でもリズムは残します(存在を消してはだめ)。すると、英語特融のスムーズな流れを生むことができます。


listening test #21



リスニングテスト #21 解説

読み上げた文章はこちら⇩

Tom Brown, a college student, threw a party last Friday night. Twenty people showed up at 5 pm, and by 10 pm, there were around 50 people in his tiny apartment room.