1分間発音テスト

こんにちは。英語発音コーチの高木亜記です。

自宅で、1分間(かからないと思います)で、しかも無料にてスピーキングテストを受けられるweblioスピーキングテストのサイトをご紹介いたします。

https://uwl.weblio.jp/speaking-test

↓↓「受験」と書いていますが、自分のPCに向かって、画面に表示された英文3つを読むだけですので、登録作業もなければ誰かと会話をしなければならないこともありません。ぜひ気軽に受けてみることをお勧めします。

speaking3

私も試してみましたところ、100点を頂きました(コーチと名乗っているだけに、ほっと一安心)が、どういう採点方法・基準なのか気になりましたので条件を変えて実験をしてみました。

speakig2

 

(1)スピードを若干少し落とし、単語の読み間違いはゼロの状態。スコアは96,67でした。

speaking90

 

(2)普段の会話を2倍遅くするイメージ。通常の会話では非現実的なペースだが、すべての単語を明瞭に発音しノーミスの状態。結果は88.33点でした。

speakingsuperslowarticulation

 

(3)早口言葉なみにスピードを上げて、読み間違いゼロの結果は88.67でした。

speakingsuperfastnostatter

 

(4)早口言葉なみにスピードを上げ、自分でも1単語のarticulation (明確な発音)が粗悪なのを感じながら読んでみましたところ、30点台になりました。(このデータは興味深いです。こちらの記事も参考になさってください。)

speakingsuperfast

 

(5)単語の読み間違いは無し、読み返しも無しの状態で、日本語訛りを強く話したところ、50点台になりました。

speaking50

 

(おまけ)背後にテレビを大きなボリュームでかけた状態で受験したところ、70点台に下がりました。雑音をピックアップされると評価は下がるようなのでご注意ください。

 

さて、こういうテストをどう活かすか。毎日の最高スコアをノートに記録しながら成長を楽しんだり、または、別のアプローチで、「毎日80点越えるまでは繰り返し受験する」というのも良いですね。個人的には後者の方法が、結果的にたくさん受験(=練習)することとなり、成長するのではないかと考えています。また、このweblioのテスト、毎回新しい英文が出てくるので勉強になります。

投稿者: 高木 亜記

はじめまして、アシストイングリッシュルームの高木です。 英文法や発音矯正など、英語のことでお困りでしたらこちらのブログをフォローしてください。無料で自宅学習ができます。 英語指導歴は16年目になりました(2020年5月現在)。教室は横浜市(中区、関内駅徒歩3分)にありますが、時代とともにオンラインでのレッスンも急速に増えています。(ありがたいことです。)世界のどこにお住まいの方ともレッスンができるなんて、素晴らしいです。 【学歴】カリフォルニア州立大学卒。 高校卒業後渡米。 カリフォルニアとニューヨークで大学に通いました。

1分間発音テスト」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。