curiosity, curious発音レッスン

curiosity:発音矯正と例文紹介

1. curiosityはcurious 形容詞で使うことが多い

日常会話では、好奇心があると表現するには I am curious to know … のように curiousという形容詞を使う頻度が多いと感じます。

動画ではその発音についてスタートします。

2. 例文

I am curious to know…のように curiousという単語の後には to know と続くことが多いです。「知りたい」が I would like to know …. や I want to know…. にちかく、

「~か、気になるわぁ」のような表現をするには I am curious to know… が適しているかと思います。例文:

I am curious to know if he is coming to the party tonight.
I am curious to know how old he is.
I am curious to know why their project didn’t launch as scheduled.

話している相手が答えをしらなくても「どうなんだろうねぇ。気になるねぇ。」という気持ちの時に使ってみて下さい。「知りたいのです!」と明言するには、I would like to know… の方を使うと良いですよ。

投稿者: 高木 亜記

はじめまして、アシストイングリッシュルームの高木です。 英文法や発音矯正など、英語のことでお困りでしたらこちらのブログをフォローしてください。無料で自宅学習ができます。 英語指導歴は16年目になりました(2020年5月現在)。教室は横浜市(中区、関内駅徒歩3分)にありますが、時代とともにオンラインでのレッスンも急速に増えています。(ありがたいことです。)世界のどこにお住まいの方ともレッスンができるなんて、素晴らしいです。 【学歴】カリフォルニア州立大学卒。 高校卒業後渡米。 カリフォルニアとニューヨークで大学に通いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。