comeとgoの使い分け

comeとgoの使い分け

無料レッスン動画 ↓↓ Check it out!

comeは相手との距離が近づく。goは相手との距離が遠のく。

英語には主語があり、同じ内容を伝えるにしても何を主語に置くかは十人十色で、選んだ主語によって動詞は常に変化します。とすると、goが来る、comeが行く、などとガチガチな覚え方をすると無理が生じます。

comeは主語が相手の方に向かって動く、言い換えると、主語と相手の距離が縮まる印象があり、逆にgoは相手から離れてどこか別の場所に向かう、と考えるのがシンプルだと思います。では説明です。

comeの使い方

Can I come over later? 後で(あなたの家・あなたのいる場所)に行ってよい?(相手の家や相手の居場所に出向くので、これも相手との距離が縮まります。)

Hey! Come on in! やあ!さあ入って!(みなさんがこう言ったとしましょう。自分の部屋の中に相手が入るのですから、みなさんと相手の距離は縮まりますね。)

Sorry, but I can’t come to your party.  ごめんね、でもあなたのパーティーに行けないの。(主催しているyouの元へ行けない。肯定文で考えると=comeできた場合、相手のもとへ行くので距離は縮まります。否定文でcomeできない、となっています。)

goの使い方

(日本で会話をしている前提で)Hi Bob, I am going to NY next month on business.  ボブ、私、来月仕事でNYに行くよ。(日本からNYに行くと、つまり、会話の相手=Bob(日本)からは遠くへ行くことになります。距離が広がる感じ。)

(自宅で・家族に)Mom, I am going out with Mike tonight for a movie.  今夜マイクと映画観に行くね~。(会話の相手=母、からは離れて、マイクと映画に出かけます)

 

脱・日本語訳

上記の日本語訳のとおりで、特にcome = 来る、は言葉(音)としては成立しません。来るという「感覚」と言うのが正しいかもしれません。ですが、ここは日本語から考えるのではなく、話している相手との距離がどう変わるか、という考え方を新しく取り入れてみてはいかがでしょうか。もやもやしていた方は、これで少しスッキリしてもらえると幸いです。

投稿者: 高木 亜記

はじめまして、アシストイングリッシュルームの高木です。 英文法や発音矯正など、英語のことでお困りでしたらこちらのブログをフォローしてください。無料で自宅学習ができます。 英語指導歴は16年目になりました(2020年5月現在)。教室は横浜市(中区、関内駅徒歩3分)にありますが、時代とともにオンラインでのレッスンも急速に増えています。(ありがたいことです。)世界のどこにお住まいの方ともレッスンができるなんて、素晴らしいです。 【学歴】カリフォルニア州立大学卒。 高校卒業後渡米。 カリフォルニアとニューヨークで大学に通いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。