曖昧母音でカタカナ発音脱出

 

日本語訛りを減らす方法

カタカナ発音、日本語訛り、、、これらを減らして通じやすい英語にするためには、手っ取り早い方法がいくつかあります。今回は「母音: a, e, i, o, u」に焦点をあてて1つお話をします。そのコツは、曖昧母音。

曖昧母音

曖昧母音とは英語で schwa と書き、「シュワ」と発音します。 単語のストレスは必ず母音で起こりますが、この曖昧母音は、ストレスがおかれない場所にくることが基本です。

例えば monopolyという単語の発音記号は /mənɑ́pəli/。これを 「モォノォポォリィー」と発音しようものなら、おそらく通じません。そこで、ストレスの置かれる (カタカナで言うところの)「ノ」の部分(「ナ」と発音しますが)、以外は曖昧母音となっているのが分かります。 その箇所を、「喉がなれば(有声にさえなれば)OK!」という潔い思いで発声し、唇の形は「あ、い、う、え、お」いずれでもない脱力したフォームを作って下さい。

モナポリー、ムナプリー、などなど、カタカナに起こすと、人によって聞こえ方が異なることが分かります。ようは、それくらい「曖昧にする」ので良いのです。母音で終わる日本語のがちがちのカタカナ感を減らせます。

では動画で impossible を例に練習をしましょう。

※ 動画ではアメリカ発音を取り上げています。イギリス発音は /impɔ́sibəl/ で「スィ」となりますのでご注意下さい。

投稿者: 高木 亜記

はじめまして、アシストイングリッシュルームの高木です。 英文法や発音矯正など、英語のことでお困りでしたらこちらのブログをフォローしてください。無料で自宅学習ができます。 英語指導歴は16年目になりました(2020年5月現在)。教室は横浜市(中区、関内駅徒歩3分)にありますが、時代とともにオンラインでのレッスンも急速に増えています。(ありがたいことです。)世界のどこにお住まいの方ともレッスンができるなんて、素晴らしいです。 【学歴】カリフォルニア州立大学卒。 高校卒業後渡米。 カリフォルニアとニューヨークで大学に通いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。