ofは「の」ではありません 【英字新聞から学ぶ】 

ofは「の」ではありません 【英字新聞から学ぶ】

*音声は下にあります

高木:「ofのかもしだすイメージは何ですか?」
生徒さん:「の」です。
高木:「日本語でどう訳すかではなく、イメージです」
生徒さん:「・・・」

 


英語の接着剤=前置詞


情報を詳しく伝えようとすると、英文はおのずと長くなっていきます。というか、長くする必要がでてきます。長くする、ということは、単語を1つ、2つと足していくわけですが、文として成立するためには、単語同士が正しくくっついていなければなりません。でなければ、バラバラに離れてしまいます。そこで、接着剤が必要になると考えて下さい。

He is a doctor.
He is a doctor at ABC Hospital.

He is a doctor. で文として完成ですが、「ABC Hospitalで働いている」という情報も伝えたければ、at という接着剤を使う必要があります。

多くの場合、前置詞(of, in, at, on, など)がその役割を果たしていますので、今回は接着剤としての前置詞について考えたいと思います。その中でも、of は多くの方を悩ませる単語であります。その理由としては、「の」という日本語で覚えておられ、もちろんですが、「の」がどんな訳にでもあてはまるわけではないため、理解ができないという結果になるのです。

さて、前置詞の後には名詞が続きます。(前置詞=名詞の前に置く詞<ことば>ですが、そうすると後ろから考えることになるので、「前置詞を使ったら、次に名詞を置こう!」と左から右へ向かう考え方をしましょう)

 


ofの使い方


ofは、算数でいうイコール(=)のような働きをします。「A = A」の「=」がof。

fear = possible coronavirus infections (恐れ=可能性として考えられるコロナウイルスの感染)

が成立します。会話で「イコール」と言うわけにはいきませんので、「=」を of という音に変えて話すわけです。

 


これも「イコール」が成り立つの?


「一切れのケーキ」は、a piece of cake 。 a piece = cake (???)

ティラミスケーキアイコン2  ティラミスケーキアイコン2

このように全く同一の物でなくても of は使えるのです。なぜか。

 

 

ティラミスケーキアイコン2

この一切れというのは、

 

ケーキのアイコン2

このホールケーキの一部を切り取ったものです。チョコレートケーキを一部切り取ったところで、チーズケーキになることはなく、小さな一切れであれ、チョコレートケーキには変わりないからです。そのような観点で、「=」が成り立ちます。

 

It is nice of you! という表現を学生時代に学びますね。なぜ ofを使うのか、というと、ケーキの例と同じで、あなたのniceな性格は、あなた自身の一部であるからです。nice = you.

ちなみに、動詞で「=」を表すのはbe動詞。 このルールを当てはめると、
It is nice of you.  ⇒ nice = you  ⇒ nice are you ⇒ you are nice.

You are nice. というわけです。

ちなみに
You are nice. という文が「あなたは」ということにスポットライトを当てる(すなわち、youを主語にする)と考えて下さい。 一方、 It is nice of you. というのは、youが行った行為(It)を主語にしてそこにスポットライトを当てている文になります。

 

 

coronavirus

 

※以下はThe Japan Times 2020年2月5日の記事抜粋


Ten passengers on quarantined cruise ship test positive for coronavirus

Fear of possible coronavirus infections on a cruise ship carrying about 3,700 people became reality Wednesday as 10 of 31 passengers tested were confirmed to have positive results, fueling unease among officials that the number could go much higher.


 

長い1文ですが、単語たちが、接着剤によってくっ付けられて結果的に長くなっているだけ、と考えると長文を読むのも億劫でなくなるのではないかと願っています。

 

感染された方々におかれましては、一日も早い回復をお祈りしております。

 

投稿者: 高木 亜記

はじめまして、アシストイングリッシュルームの高木です。 英文法や発音矯正など、英語のことでお困りでしたらこちらのブログをフォローしてください。無料で自宅学習ができます。 英語指導歴は16年目になりました(2020年5月現在)。教室は横浜市(中区、関内駅徒歩3分)にありますが、時代とともにオンラインでのレッスンも急速に増えています。(ありがたいことです。)世界のどこにお住まいの方ともレッスンができるなんて、素晴らしいです。 【学歴】カリフォルニア州立大学卒。 高校卒業後渡米。 カリフォルニアとニューヨークで大学に通いました。

ofは「の」ではありません 【英字新聞から学ぶ】 」に3件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。