これが、「緊急事態」の英語訳

これが、「緊急事態」の英語訳

 

➡ 答え:(a/the/無) state of emergency

✔ 発音記号 /steit/ /əv/ /imə́rdʒənsi/

パトランプのフリーアイコン

 

✔ 例文①
Japan’s government plans to extend a nationwide state of emergency beyond May 6, …(以下省略)※Nikkei Asian Reviewより拝借
(日本政府は5月6日以降も全国的な緊急事態を延長する予定です。)

2020-05-01 (1)

 

➡ extend: /ikstε’nd/:延長する、伸ばす(make something larger, longer, and or wider)

※ 辞書には延々と訳語が書かれているタイプの単語です。こういう単語は、イメージで覚えることが大切。イメージは「何かを、大きくしたり、長くしたり、広くしたり」・・・すなわち元々の状態や形から(サイズであれ時間であれ期間であれ)大きくするというイメージを持ちましょう。

※ 地毛にフェイクの髪の毛を足す「エクステンション」という言葉が日本でも使われることをご存じの方は多いでしょう。その「エクス」のため、「エクステンド」と発音してしまいそうですが、出だしの音は「イ」となります。

➡ nationwide /néiʃənwàid/:全国的な、全国にわたる

※ nationはcountry(国)の意味です。”the” nationと言うことで、議題となっているその国を指します。例えばこのニュース記事では日本の緊急事態宣言について書かれているので、the nationというと Japan を指す、という具合です。

※ nationwideを nation-wide のように分けて考えてみましょう。-wideという表現は非常に便利です。前の単語を受けて、「●●中(じゅう)で」という意味を表せます。例えば、「町中(まちじゅう)で」なら city-wide、「全社的に、会社中で」だと company-wideなどと表せます。

例文:This is a company-wide goal for this year. (これは今年の全社的な目標です。)

※ nationの発音:「ネーション」のように伸ばすのではなく「ネェィ」のように二重母音で発音しましょう。また、「ショ」のように「お」音が入らないように。曖昧母音で発音しましょう。

※ wideの発音:二重母音で「あい」と発音します。日本語の「あい」と比較すると、「あ」の部分を少し重く発音すると良いです。音を長めに維持すると考えても良いかもしれません。詳しくは音声解説を聞いて下さいね。

 

投稿者: 高木 亜記

はじめまして、アシストイングリッシュルームの高木です。 英文法や発音矯正など、英語のことでお困りでしたらこちらのブログをフォローしてください。無料で自宅学習ができます。 英語指導歴は16年目になりました(2020年5月現在)。教室は横浜市(中区、関内駅徒歩3分)にありますが、時代とともにオンラインでのレッスンも急速に増えています。(ありがたいことです。)世界のどこにお住まいの方ともレッスンができるなんて、素晴らしいです。 【学歴】カリフォルニア州立大学卒。 高校卒業後渡米。 カリフォルニアとニューヨークで大学に通いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。