要注意英単語【discuss】

要注意英単語【discuss】

aboutを入れたくなるけど不要です

✔ discuss /diskʌ́s/ (~について話し合う、~について議論する)=to talk over, to examine a subject

日本語で「~について」話し合う、とか、「~について」議論する、という表現をするので、aboutという単語を共に使いたくなる動詞ですね。discuss about ABC のように。でも I love you. と言う時に、「あなた<を>」愛している、のように「を」を日本語では入れますが、英語では不要なのと同じで、discussの直後に、話し合う内容を表す言葉を続けて良いのです。

例文 <discuss>

① We discussed the matter briefly in the meeting this morning.
(私たちは今朝、会議でその件について手短に話し合いました。)

② As we discussed earlier, you will make dinner, and I will do the laundry.
(先ほど話し合った通り、あなたが夕飯を作り、私がお洗濯をしますね。)

③ We need to discuss when we should leave tomorrow.
(明日は何時に出発するか相談しなきゃ。)

discussion

① We discussed the matter briefly in the meeting this morning.
(私たちは今朝、会議でその件について手短に話し合いました。)

この文は、

We had a discussion about the matter briefly in the meeting this morning.

とも言えます。discussを名詞化して、discussionという単語を使い、have a discussionという表現も使えます。We had a discussion. ここで文が完成するので、さらに情報を追加したいとすると、接着剤が必要になります。ここでは about を使い、about the matter(例の件について、その件について)を足し、We had a discussion about the matter. が完成します。

今日のまとめ

discuss(動詞)

① ~について話す、という日本語に惑わされて discuss about ABC のように aboutを使わないようにする。

② have a discussion という表現も覚えよう。「●●について」という情報も追加したい場合は、接着剤 about を使用し、about the matter, about the problem, about the plans のように話し合う内容を示そう。

投稿者: 高木 亜記

はじめまして、アシストイングリッシュルームの高木です。 英文法や発音矯正など、英語のことでお困りでしたらこちらのブログをフォローしてください。無料で自宅学習ができます。 英語指導歴は16年目になりました(2020年5月現在)。教室は横浜市(中区、関内駅徒歩3分)にありますが、時代とともにオンラインでのレッスンも急速に増えています。(ありがたいことです。)世界のどこにお住まいの方ともレッスンができるなんて、素晴らしいです。 【学歴】カリフォルニア州立大学卒。 高校卒業後渡米。 カリフォルニアとニューヨークで大学に通いました。

要注意英単語【discuss】」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。