英会話ぺらぺらになるには精読をしよう(2/3)

精読の仕方

1.文構造を理解する

目の前の文の主語と動詞さえも理解せずして、英語を上達させようとする勉強方法は、まるで、アクセルとブレーキの違いも分からず自動車を運転するのと同じことです。

I fast one day a week for health reasons.

fastを、例えば「形容詞」などと理解してしまうと、それは文の構造が理解できていない証拠です。もし、fastが形容詞であれば、ここではbe動詞がIの後にあるべきですから。よって、ここでは、形容詞である可能性はなさそうで、「あれ?Heっていう主語の直後にあるってことは、このfastは動詞ってこと?」(心の声)、と疑ってみます。

 

2. 新出単語は一語一句、意味調べ

では、ステップ1の fast が動詞としたら、何て言う意味なの? と疑問を持って下さい。そして、辞書を調べます。すると、「絶食する、断食するっていう意味があるのか!ということは、Iは断食するのね、一週間に1回、それは健康上の理由のためなのか~」(心の声)、と、無事に文全体を理解できるに至ります。

(a) I fast one day a week for health reasons.

(b) I think the kitchen clock is fast.

(c) He has to act fast if he wants to be successful.

↑この3つのfastの機能の違いは分かりますか? すなわち、すべての品詞名が言えますか? もし言えない場合は、立ち止まって、ブログを読み進める前に自分で考えてみて下さい。

 

 

(a) fast- 動詞。絶食する、という意味

(b) fast- 形容詞。早い、進んでいる、という意味。

(c) fast- 副詞。速く、という意味で、どのようにactするべきかを説明している。

その他にも、例えば(a) では、「one day a week 一週間に一回と言うとき、one dayとa weekの間には、日本語では「に」なんて言うけど、英語では不要なんだな~」、とか、「for health reasons って、健康上の理由とは、まあいくつもありそうだから、reasonSと複数形になるのか~。で、冠詞は不要だな~」 などのように、1つひとつ自分が納得するまで、分析を続けます。

 

3. 音読

ステップ1とステップ2で、文の意味が完全に分かったら、声に出して何度も音読を繰り返しましょう。

何度もって?---暗記するまでです(笑顔)

英会話ぺらぺらになるには精読をしよう(1/3)

「精読」というプロセスを経て「音読」を繰り返す

精読あっての英会話力アップ

おはようございます。発音矯正・英語コーチの高木です。
すっかり秋の空で、空気の香りまでも1年の終わりの近づきを感じさせております。本当に1年があっという間ですね。

今回のトピックは、精読です。

英語を身につけるためには「精読」というプロセスを経たうえで、「音読」を繰り返すという練習が欠かせません。音読だけではだめです。精読が大切なのです。
精読は、ネイティブ講師では対応しきれない、英語をゼロから学んだ日本人講師による、日本語での解説が必要となります。現時点で英語を英語「で」理解するのが難しいレベルの方で、ネイティブ講師と英会話レッスンをされている方は、日本語講師とのレッスンを受講されることをおすすめ致します。(お金と時間が許すのであればネイティブ講師とのレッスンを中断する必要はなく、ぜひ同時進行でなさって下さい。)

現地で暮らしながらその土地の言語を聞く場合は、そこに状況(situation)が存在するので、聞き流し・音源かけ流しにも(多少)効果はあります。なぜなら、situationが大きな助けとなり、その文が何を伝えようとしているのか、理解ができるからです。

「その音・その単語・その文が、意味していること」

これをまずは理解しない限りは、たとえ毎日10時間、CDなりを聞き続けようとも、その音は海の波の音となんだ変わりはありません。眠くなっておしまいです。

​では精読はどのように行うか?

次の記事に続きます。

メルマガ第1号発行

ブログとメルマガの違い

本日10月2日、無事メルマガ第一号を発行することができました!
まだサンプルも無い中、ご登録いただいた関内教室の生徒さん、そしてまだお会いしたことのないご登録者様、無事届きましたでしょうか。お読みいただき本当にありがとうございます。

ブログでは、日常のレッスンの出来事、質問の共有、新しい動画のお知らせなど、ちょっとした出来事を気軽に書き留めており、皆様には、高木の日々の活動を垣間見て頂ければという想いで書いております。一方メルマガは、高木がリサーチや勉強をした上で、みなさまに役立てて頂けそうと思う内容を濃く綴っていくものとなります。 そういう点でブログとメルマガは大きく違いますので、未登録のかたはぜひこの機会にご登録ください。

メールマガジンはお客様へのラブレター

後にも先にも、書き始める何日も前から、題材絞りや校正やと、こんなにも頭をひねったラブレターはありません(笑)言葉足らずになっていないか、無駄にrepetitive(繰返し)をしていないか、独りよがりな文になっていないか、、、 どこまでも改善の余地がありそうで「送信」ボタンを押すのをためらいました。恋とはまた別の大変さがありました(笑)

お読みいただいた方は、興味のあるトピックや英語の質問など、お気軽にメールを下さい。おおよそ、そういうお悩みは共通に抱えている学習者さまがおいでです。ですから、メルマガでどんどんdiscussion して、皆様のお役い立てていただければ、これ、講師冥利に尽きます。

まだご登録いただいていない方、まだサンプルページが仕上がっておりませんが、よろしければぜひ以下よりご登録くださいませ。

メルマガ登録ページ

フォームが英語で申し訳ありません。First name, Last name, Email addressこの3つさえご入力いただければ完了です。

それでは、末永く、英語・発音上達のためのメルマガをよろしくお願い申し上げます。

     2018年10月2日 高木亜記