little, turtle, hospitalの発音

学校の先生方、英語を教えている先生方、こんにちは。高木亜記です。

今日の発音レッスン動画は、little, hospital, turtle の発音について。
学生たちが、littleをリロー、hospitalをホスピローなどと発音しているのを聞いたことがある方は少なくないはず(笑)

 

※この動画は少し前のものになります。付け加えたい説明があるので、また動画を作り直した際にはメルマガでご案内いたします。どうぞ、ブックマークへのご登録、メルマガのご登録をお忘れなく。

heartとhurtの発音の違い(動画)

学校の先生方、英語を教えている先生方、こんにちは。高木亜記です。

今日の発音レッスン動画は heartとhurtの発音の違いについてです。

私が学生時代にも多くの生徒が悩んでいましたし、今でも大人子どもに関わらずレッスン中によく尋ねられる質問です。

このheart とhurtですが、発音の矯正、、、というよりは、違いが聞き取れないことに悩む方が多いのではないでしょうか。大丈夫、自分の口を使って音の違いや音の作り方の違いを知ることができれば、この2単語の差は歴然だと感じて頂けるはずです。

※この動画は少し前のものになります。付け加えたい説明があるので、また動画を作り直した際にはメルマガでご案内いたします。どうぞ、ブックマークへのご登録、メルマガのご登録をお忘れなく。

発音が正しくても通じない場合

How long has this been around?

【その1】
その日、私は大学の友人と近所のhistoric site(史跡)を散歩していました。
「この建物はどれくらい古いものだろう」と思い
How old is this building?
と言うと、友人はこう返してきました。

Do you mean how long this building has been around?

私の文でも伝わるけれど、ネイティブスピーカーにとっては一般的でないということでした。

How much longer …?

【その2】
その日、私は Dr. Boyle教授の車に同乗して、あるリハビリテーション施設に向かっていました。「あとどれくらい時間がかかるのかな?」と思い

How long more will it take?

教授は一瞬、?、という表情をして、こうおっしゃいました。

You want to know how much longer it is going to take?

Longにはlongerという比較級があるにも関わらず、moreを使ったことが今となっては謎ですが。。。上記文は、単語の選択はほとんど正しいけれど、文法的に少しoff(ずれがある)だったこともあり、相手にすんなりとは通じなかったわけです。(※ 会話がゆっくりと流れていたことで、相手がこちらの意図を組む時間が確保でき、確認してくれたおかげで会話が成立した一件です。早口による弊害に関してはこちらをご覧ください。)

相手に通じないほど発音が悪くない場合でも、仕上がった英文が英語話者と大きく離れていると、コミュニケーションがぎくしゃくします。読書をするなどしてインプットを増やすことも常に心がけたい点です。