カテゴリー: 留学・米国大学留学英語発音矯正

英語スペルの発音方法

英語スピーキング上級者も一度おさらいを

上級レベルの生徒さんでも、発音について改めて学ぶ時、
「気にかけたこともなかった」という事柄が浮かび上がることがあります。その代表例の1つが、スペルの仕方です。
例えば、松本さんという方が外国人に名前のスペルを伝える時、
M, A, T, S, M, O, T, O
のように、1つひとつ区切る話し方は大変聞きにくいものです。
ちょっと考えていただきたいのですが、日本人同士で電話番号を伝えるときに、
0、9,0,1,2,3,4,5,6,7,8
と数字1つずつ区切ると、ぎくしゃく感が半端ありません。
090、1234、5678
のように、リズムよく息継ぎをしますよね?
同様に、松本さんも
ma, tsu, moto
と区切ったり、
mat, su, moto
のように2~4文字ごとの区切ってみて下さい。
なお、ma, tsuはそれぞれ、音程が少し上がるように、かつ、ふわり~と音を伸ばすようにするとうまくいきます。そして、motoのtoで、ぐっと下がるような感じ。
英会話レッスンを受講されている方は、講師の先生にぜひ確認してもらってください。というのも、自分では上がっているつもりOR下がっているつもりでも、気持ちと声が同期していないことがあります。第三者に確認してもらったり、独学の人はせめてボイスメモを使うなどして確認をなさって下さいね。

ひらがなは日本語。アルファベットは英語。

なお、相手には「ひらがな」の感覚がないわけですから、例えば
飯塚さんというお名前の方が、
I, I, Zu, Ka
のように区切るのも、聞きにくい発音方法となります。
私なら、
Iiz, uka
または
Iizu, ka
と言います。

二重母音

アルファベットの「I」は、 二重母音です。
発音記号だと、/ai/ のように、母音が連続しています。これを二重母音と呼びます。
特に、最初の「あ」の音を口を大き目に開けるようにして、明瞭に発声しましょう。/ai/ それぞれ堂々と話す要領で声に出しましょう。また1回目のIと2回目のIの間に「まがあく」言い方をすると、1回目のIの言い直しのように聞こえてしまいますので、一息で /aiai/ のように発声してください。
カテゴリー: 発音矯正レッスン動画

curiosity, curious発音レッスン

curiosity:発音矯正と例文紹介

1. curiosityはcurious 形容詞で使うことが多い

日常会話では、好奇心があると表現するには I am curious to know … のように curiousという形容詞を使う頻度が多いと感じます。

動画ではその発音についてスタートします。

2. 例文

I am curious to know…のように curiousという単語の後には to know と続くことが多いです。「知りたい」が I would like to know …. や I want to know…. にちかく、

「~か、気になるわぁ」のような表現をするには I am curious to know… が適しているかと思います。例文:

I am curious to know if he is coming to the party tonight.
I am curious to know how old he is.
I am curious to know why their project didn’t launch as scheduled.

話している相手が答えをしらなくても「どうなんだろうねぇ。気になるねぇ。」という気持ちの時に使ってみて下さい。「知りたいのです!」と明言するには、I would like to know… の方を使うと良いですよ。

カテゴリー: おすすめ勉強方法英語をペラペラ話すコツ

英会話ぺらぺらになるには精読をしよう(3/3)

スムーズな英会話 = 精読+反復

1. 精読はリスニング中でも

前回のブログで、「暗記するまで音読を繰り返そう」と話を締めくくりました。

英語の種類は以下の3種類に大きく分かれると思います。リスニング中の自分を想像して下さい。(中高3年間英語の授業を理解できているレベルを前提とします。)

1) 相手の言っている事が全くもって、ちんぷんかんぷん

2) 相手の言っている意味が理解はできるが、「同じことを言ってみて(復唱して)」と言われると(スムーズには)文が作れない。

3) 相手の言葉を完全に理解できる文(短文だと完全に復唱できるレベル)

1番は、会話が成立しない状態。多くは、専門知識が必要なトピック(法廷での会話や医学の知識を要するもの、または音楽やエンジニアなど専門用語が飛び交うもの)であることが多く、知識が無い状態では、日本語であれ会話が成立しませんので、ここでは除外します。

2番は、英語力を伸ばすという点でみると、「8割理解できる」という英文に満足して放置することはおすすめできません。この2割を詰める作業(理解する努力)が、皆さんの英語力をアップさせる次のステップとなると考えています。それが精読の作業です。会社で会議の最中に「今の英文は~~」などと聞くわけにはいきませんが(笑)、英会話のレッスン中、講師が発した言葉が完全には理解できない時は、遠慮なくストップをかけて「今の言葉、書いて下さい!Can you write out what you just said?」とお願いして下さい。すると、それは、すでに知っている語彙のみで成り立っていたけれど聞き取れなかっただけかもしれません。あるいは、初めて知る表現で構成されているかもしれません。いずれにしろ、立ち止まる価値のある作業です。特に後者は、文法や文の構成も理解できるかを含め精読してみましょう。

2. 反復が、反射に変わる

精読で意味も文構造も理解した後に、その文を暗記するほどに音読で反復練習することが大切です。上で、知っている単語で構成された文だったのに聞き取れなかった、という時も、この練習が重要です。英語はSVに始まり、語順を日本語のように自由に入れ替えができない、非常にシステマティックな言語です。例えば

前回の記事で紹介した英文 ↓↓

a) I fast one day a week for health reasons.

1週間に1日、というには、a week one dayとは決して言いません。健康上の理由で、と言うのに、health reasons for となることはありません。日本語で「健康上の理由で週に一日は、私、断食するのよね」の語順で話しても通じるからと、日本語順通りで、Health reasons for a week one day I fast. というと、通じません。入れ替えられるとしても、For health reasons, I fast one day a week.  または、For health reasons, one day a week, I fast. が、ぎりぎり通じるレベル。ご覧のとおりで、for health reasons, one day a weekは常に、この形をとります。塊で場所移動は可能、と解釈してもOK。寝言でも言葉が出るくらいに、for health reasons, one day a week を言えるようにトレーニングをするのが得策です。

慣れることで、次に来る単語が、頭であまり考えることなく(例:(心の声)1週間に1日は、one day… えーーーっと、one week?? ちがうかな、a weekかな??)、すなわち反射的に口から発せられるようになると、なめらかでスムーズな英語を話せます。言葉を発している自分も、聞いている相手にとっても、ストレスフリーな会話が実現できます。

 

3. スピードとは流暢さ speed = fluency

最後に、誤解が無いようお伝えしておきたいこと。それは、「スピード」は結果として起こる話し方の1つにすぎず、追い求めるものではないということ。スピードは、話す速さ(早口)のことではなく、fluency(流暢さ: the ability to speak easily)と理解なさってみて下さい。fluencyは、前述の「スムーズさ」と、実は同義です。すらすら、っとfluentに言葉が発せられれば(=楽に・スムーズに話せれば)、おのずとスピードがある(or 少なくとも、そのように見える)会話になっていきます。言い慣れた文は自然に速く話せるようになります。スピードが「生まれる」まで精読⇒音読の練習を繰り返し行って下さいね。これを継続することで、必ずや英語をペラペラ話せる日が来ます。