発音を見直そう★今日の英単語: reimburse

reimburse の発音矯正

  1. 発音記号 /rìimbə́ːrs /   <音節> re・im・burse

reimburse の発音矯正方法

① 最初の音節 re の後で一区切りつける(呼吸は止めない)

② 「バー」の部分は曖昧母音で発音する

reimburse を使った例文

  1. The airline company reimbursed me for the amount that they had overcharged me.
    (航空会社は、彼らが私に過大請求した金額を私に返金しました。)
  2. You will be reimbursed for your expenses.
    (あなたの費用は払い戻されますよ。)
  3. Chris was reimbursed by the electricity company for the damage to his house.
    (クリスは家の損害に対して電力会社から払い戻しを受けました。)

音の勉強なので、必ず下の音声解説をお聴きくださいね。本日も英語のお勉強、お疲れさまでした!

音声解説➡以下の再生ボタンを押してお聴きください☆

発音を見直そう★今日の英単語: career

career の発音を見直す

  1. 発音記号 /kəríər/   <音節> ca・reer

career を正しく発音する方法

① カタカナ発音「キャリア」とは大違い

この単語を上手に発音するには、
●発音記号を見ること
●音節を知ること
が最短の方法です。

発音記号➡ /kəríər/ を音節ca・reerごとに区切って考えてみましょう。

まず音節の前半部分 /kə/ を正しく言えるか確認します。

ここで気を付ける点は、「カ」とならず /k/ の後の音が曖昧母音にできているか確認することです。ゆっくり発音した時に「カーーー」と聞こえると、カタカナ発音から脱却できません。「カ」にも聞こえるけれど「ク」にも聞こえる、とおっしゃる生徒さんが多いです。皆さんはどう聞こえますか?

日本語の「キャリア」とはストレスの位置も全く違うので、その点も要注意です!日本語は「キャ」にストレスが来ますが、英語では後半の音節にストレスがあります。(後半の音節に関しては③で取り上げます)その前に、まずは/r/の発音についてです。

② /r/ の発音

音のカラーって大切だと思います。「音のカラー?」・・・その音の持つ雰囲気、例えば

●明るい音
●こもったような音
●空気がシューシューとこぼれるような音
●勢いがある音

などなど。

これは、個人の感じ方を優先すればよいと私は思っています。人によって感じ方は様々ですから。/r/は私には、犬が唸るような「こもった」音に聞こえます。まずそれをイメージしながら音を出そうとしてみてください。

そして、次に調音について考えましょう。調音とは・・・音声学において、口・鼻・喉などの諸器官をうごかして言語音を作成することです。/r/ の音を作ってみましょう。有声音(喉仏が震えている状態で発せられる音)なので、唸りながら、舌の真ん中を後方に引き上げてください。そのとき、舌の先がそり上がったり、上あごに触れないようにしましょう。正しくできない人は、舌に力が入りすぎているかもしれません。または、舌の両側に力が入ったり、力が入りすぎて頬の方に伸びていることが考えられます。

③ 単語の後半部分について

/ríər/ について考えましょう。2番でお話したように、/r/の音をきれいに発音しながら、/i/に音を移行します。そして、次ですが、北米では/r/をはっきりと発音しますが、それでも、前半の/r/ ほどには気合が入っていないような/r/です(笑)事実、引き上げられた舌も、最後にはずいぶんと下がってきているはずです。

イギリスやオーストラリアでは、私には/r/を音にしているようには聞こえません。曖昧母音(/ə/)で止まっているように聞こえません。/r/の音がないぶん、あっさりとしたような音で終わっています。ちなみに、韓国を表す Korea と音が似ていますね。Koreaの発音記号は/kəríə/

career /kəríər/
Korea /kəríə/

ほぼ同じですね(笑)careerの最後の/r/を言わない地方の人にとっては、同じ発音ということですね。

解説は以上です!音の勉強なので、必ず下の音声解説をお聴きくださいね。本日も英語のお勉強、お疲れさまでした!

音声解説➡以下の再生ボタンを押してお聴きください☆

英語発音の見直し career

英語 便利な単語【hot-desk】

英語 便利な単語【hot-desk】

● hot-desk (hot-desking) ➡ 必要なときに使用するオフィスの机。いわゆる、ワークステーション(作業する場所)を皆で共有する(こと)。

● We hot-desk. のように動詞でも使えます。

hot-desk を使った例文

  1. I don’t think hot-desking is common practice in my country.
    (ホットデスキングは自分の国ではあまり一般的ではないと思います。)
  2. Oh, you don’t hot desk here?
    (ここではホットデスクしないのですか?
  3. Most people hot-desk in my office, but Tom has his own private space.
    (私のオフィスでは、ほとんどの人はホットデスクしますが、トムには自分のプライベート スペースがあります。)
便利な英単語 five a day