カテゴリー: 英語よもやま話YouTube動画

ついに、メルマガ送信完了【777円レッスンキャンペーン】

ついに、メルマガ送信完了【777円レッスンキャンペーン】

おはようございます! 高木亜記です。
先日のブログで書きました、勇み足だった777円レッスンキャンペーンのお話。
その後、2日ほど776人と777人を往復するという現象が起こりましたが、まあまあ安定してきた、と判断して、昨日メールマガジンで、777円レッスンキャンペーンのご案内をお送りいたしました。
メルマガご登録はこちらから
2020-05-04

 


YouTubeのおかげで


私のチャンネルは、この規模の登録者数だからこそ変動が一人単位で目に見えます。一人増えると「あ~、ありがたい~」、一人減ると「あ~、残念~」。そんなことが頻繁にあります。
100万人越えのユーチューバーさんのチャンネルは、毎日、何十、もしくは何百という単位で、登録者数の変動があるんでしょうね。それだけ多くの方に情報を発信されるということは、なんと大きな影響力でしょう。ひと昔までは、テレビで活躍されるような芸能人にならないと、不特定多数の方々とコミュニケーションをとることは難しかったと思いますが、YouTubeというプラットフォームの誕生により、一個人が、別の一個人の携帯電話の中にまで入っていき、情報発信や情報共有ができてしまう時代になりました。
いつの日か、私も変動者数に気づかないほど多くの方にご覧いただけるよう、すなわちそれは、より多くの方の英語学習に役立てることを願って、続けていこうと思っています。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 英語よもやま話YouTube動画

777円キャンペーン(勇み足?)

777円キャンペーン

おはようございます! 高木亜記です。
YouTubeの登録者数が777名になったので

7日間限定の777円キャンペーン!!

をご用意し、
「さて、メルマガで案内を出すぞ!」
と送信ボタンを押す直前で、なんとなく確認をしたところ
776名にダウン(笑)
⇓ 777名の証拠
2020-05-04
メルマガ送信しても良いのだけど、なんだか腑に落ちない。
もうちょっと待ってみます(苦笑)
メルマガご登録がまだの方はぜひこの機会に。

 

カテゴリー: 英語発音矯正

waterの発音 /w/

waterの発音が通じない

仕事で英語使用頻度の高い受講生のお1人、上級レベルの英語力ですが、water /wɔ́ːtər/ の発音が聞き返されたり通じなかったりすることがあるとお悩み相談がありました。ここで考えられた原因は2つ。

(1)うぉーらー、のように北米発音を試みたが、terの部分が、それとも違う音となって発声された
(2)/w/の発音が不鮮明だった

workの発音も通じない

前述の受講生さま、実はwork /wə́ːrk/ も通じにくいのだと続けて説明して下さいました。とすると、おそらく前述の(2)が原因だと予測を立てました。実際発音して頂いたところ、/w/の音が弱いのが顕著でした。

/w/と「う」の混同

我々日本人にとっては、カタカナ発話をすると特に分かりやすいのですが、例えば、

woman  発音記号は /wúmən/
「ウーマン」とカタカナで発話すると、「う」がかなり脱力しているのが分かると思います。英語発音では、唇に少し力をいれて、すぼめる、口を尖らせる、ということが必要です。発音記号に /wu/とあるように、womanは /umən/ではありません。出だしの部分で 口をすぼめ/w/を発声しましょう。 細かいことのようですが

would, wolf, woolも通じなくなる

ということも起こってきます。

would/wud/は/ud/,
wolf/wúlf/ は/ulf/,
wool/wúl/ は /ul/

となり、随分と違う音に聞こえるはずです。ぜひ自分で試してみて下さい。文字で伝えられるのは限界がありますので、近日中に動画を撮りますので公開の際にはまたこのブログでご案内いたします。