カテゴリー: おすすめ勉強方法TOEIC

CBCを使って英語でニュースを理解する

カナダとアメリカのニュース番組の比較

✔ Canadian Broadcasting Corporation

CBC stands for Canadian Broadcasting Corporation. (CBCはCanadian Broadcasting Corporationの頭文字をとったものです。)意味:カナダ公共放送協会。YouTube動画でニュース番組のクリップがアップされているので、そちらをご紹介します。

CBCのスピードは英語学習には最適です!

✔ アメリカのニュース番組を聞いたことはありますか? こちらをご参考下さい。

アメリカのニュース番組は話すスピードが速いです

✔ 英語のニュース番組はリスニングで理解するのは難しく感じる方が多い。でも聴きとれるようになりたいですよね。北米英語に限っていうと、アメリカよりカナダのニュース番組のほうが、ニュース英語初心者の方や、リスニング力に自信がない方にはおすすめです。理由は、スピード。

個人差はありますが、総合的にみてアメリカの番組のほうがスピードが速く、聞き取りが難しいのではないでしょうか? また、その速さに付随して起こることだと思いますが、リーディングの際に、一呼吸「間をおいて」読むことで理解しやすい箇所の「間」がほとんどありません。このため、読めば分かる英文でも、リスニングで理解することがさらに難しくなったりもします。

難しい英語のニュースはCBCからはじめよう

✔ 【スピードに関して】

TOEIC Part1~4のリスニングセクションとほぼ同等か少し早いスピードに感じられます。専門家の話や、インタビューに答える一般人などは、アナウンサーより少し早いかもしれませんが、それでもアメリカ英語に比べると比較にならないほどゆっくりのスピードに感じられます。

✔ 【語彙に関して】

比較的、リスニングで理解しやすいCBCですが、とはいえニュースの英語ですから、日常使う英単語よりも、かしこまっていてフォーマルなものが多いです。語彙のレベルも高くなります。

では、どのようにCBCの動画を使って英語を勉強できるかご紹介しましょう。

CBCを使った英語の勉強方法

  1. 短いニュースを選ぶ
  2. 字幕なしで聴く(観る)
  3. 英語字幕を付けて観る
  4. 字幕を消して観る

1. 短いニュースを選ぶ

動画は2分でも、英文量にすると結構なボリュームになります。なので、最初はできる限り短めのものを選びましょう。

また、自分の知識が全くないジャンルのニュースは選ばない方が賢明です。例えば、経理の世界に生きる人が、医療現場の法律について英語で理解するというのは困難です。日本語でも知識がないジャンルは、勉強が苦しくなるだけです。避けましょう。

2. 字幕なしで聴く(観る)

地図で自分の現在地を知る作業と同じで、最初の理解度を調べます。2割?5割?など、自分の現在のレベルを認識しましょう。最終的に理解力がアップしている自分と、このステップ2の自分を比べると、嬉しい気持ちになりますよ!

また、この時点で2割も理解できない場合、教材として難しすぎるので、ステップ1に戻って題材選びをしましょう。また、頑張れるようでしたら、一度、日本語字幕をつけて観て下さい。内容に興味が持てるようでしたらぜひ挑戦しましょう。

3. 英語字幕を付けて観る

一旦、リーディングの作業になります。リスニングでは認識できなかったけど知っている単語ですと、読めば分かりますね。

このステップ3で重要な点があります。

【分からない単語はすべて書き出し、調べる】

この作業を端折ると、語彙力はアップしません。語彙力が足りないと、リスニング力はアップしません。英語が伸びる人と伸びない人は、ここが大きな分かれ目だと感じます。

4. 字幕を消して観る

ステップ3で、意味が理解できたところで、字幕を消してニュースを観ましょう。ステップ2のアセスメント(査定)時点での自分の理解力と、ステップ4での自分の理解力は、通常、雲泥の差がついています。

【音の問題】

さて、ここで「読めば分かったのに、聴くとやっぱり分からない」という人は、単語と音がリンクできていないことが考えられます。

① そもそも、単語の発音を間違って覚えている(例:quarantine(隔離) を「クォランタイン」と誤解している) 

➫ 解決方法➫ 辞書を調べたり、英会話の先生に質問して、正しい発音を知りましょう。

② 音の連結により、もはや英語に聞こえない(例:He can edit it on time. 「ひー きゃん えでぃっと いっと おん たいむ」とは絶対発音されません。「ひー きゃんねでぃでぃどん たいむ」のようになります(ひらがなの限界 笑)※音声を聴いて下さいね)

➫解決方法➫ くり返し聴き続けることで音の連結を自分で見つける。が、これは時間がかかるので、英会話の先生に質問したり発音矯正に関する動画を観たりレッスンを受講することでルールを学ぶ。

最強を目指すなら

5.字幕をONにして、キャスターさんに合わせて音読する

ステップ5を実行してほしいです。字幕を観ながら、同じペースで読むことができると、体にリズムが叩き込まれます。英語は語順ががちがちに決まっている言語なので、似た語の並びが頻出します。この単語の並びで口が動きやすくしておくと、次の課題に取り組んだときに活かされます。

今日のまとめ

CBCでニュースを英語で理解できるようになる練習

➡ 以下のステップで1つの動画を丁寧に学習する。

  1. 短いニュースを選ぶ
  2. 字幕なしで聴く(観る)
  3. 英語字幕を付けて観る
  4. 字幕を消して観る
  5. (字幕をONにしてアナウンサーに合わせて音読する)

必須なのは、「分からない単語を放置せず、調べる」というステップを踏むことです。

カテゴリー: TOEIC今日の単語(音声あり)

【広い視野で物事を見る】英語で言えますか?

【広い視野で物事を見る】英語で言えますか?

perspective という単語について

✔ <名詞>perspective /pərspéktiv/
単語単体で、「見方、視点」を表します。名詞の意味を知ると同時に、どのような文脈で使うかを知ることが大切です。また、この単語を使って、文を作るには、どのように組み立てるかということを知ることで、初めて単語を使いこなせるようになります。

今回は、頻繁に聞かれるこの表現 ”put ~ in perspective” の形で例文を学びましょう。

例文 <put ~ in perspective>

① Let’s put your current problems in perspective, then you will probably see that things are not as bad as you think.
(あなたの現在の問題をもっと広い視点で見てみましょう。そうすれば、事情は思ったほど悪くないと気付くでしょう。)

② Talking to your friends can often help (to) put your own problems in(to) perspective.
(友達に話すことで、自分自身の問題を広い視点で見るのに役立ちます。)

③ Tom, instead of overreacting, let’s keep things in perspective.
(トム、過剰反応するのではなく、全体像をとらえてみましょうよ。<見方を変えよう、という意味合い>)

putのほかには、keepやgetという動詞と一緒に使われることも多いです。

今日のまとめ

perspective (名詞)

➡ もっと広い視野で見よう、とか、見方を変える、ということを伝えたいときに役立つ単語です。putのほかに、keepやgetもともに使われることもあり、【put it in perspective, keep it in perspective, get it in perspective】 のような形で使われることが多いです。

カテゴリー: TOEIC今日の単語(音声あり)

のろのろ、を表す英単語【sluggish】

のろのろ、を表す英単語【sluggish】

経済の停滞から交通渋滞まで

✔ sluggish /slʌ́giʃ/ = moving slowly, reacting slowly, working slowly (than usual)

日本語で「遅い、不景気な、反応が遅い」なんて覚えていたら大変な労力・・・と私は思います。「のろのろ」というイメージで覚えることをお勧めしています。

例文 <sluggish>

① Sales were sluggish for the past 3 months due to the coronavirus pandemic.
(コロナの流行のため、ここ3か月は売上は伸び悩みました。)

② My husband woke up late, feeling tired and sluggish.
(夫は疲労を感じながら遅く目覚めました。)

③ The state of emergency has been lifted; however, economic recovery has so far been sluggish.
(緊急事態宣言は解除されましたが、景気回復はこれまでのところ低迷しています。)

今日のまとめ

sluggish(形容詞)

反応が鈍かったり、動きが遅い、また元気がなかったり流れが悪いなど、「のろのろした感じ」を表す単語だと感じて、英語のまま理解してみましょう。